読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My favorite only 好きなものだけ

アジアをあちこちうろうろしています。旅先で出会った好きなもの、好きな空間、コミュニケーションメソッドのSTRのことを書いています。

ソング オブ ラホール(Song of Lahore)

movie

映画を見ました。ソング オブ ラホール。

ラホールちゅうのは、パキスタンとインドの国境の町です。インド側はアムリットサル。国境では、こんな感じのセレモニーがあったりします。赤はインドで、黒がパキスタン。ってことで、国境のイメージしかなかった…。しかもインド側しか行ったことなかったし。

f:id:triptripping:20160921215753j:plain

パキスタン自体、インドともめてるイスラム教の国というイメージだった。この映画でラホールがもともとは映画や音楽の盛んな町だったと知りました。だけどラホールは軍のクーデター以降のイスラム化があったり、それが落ち着いた頃からタリバンやISの活動が始まったりで、音楽はどんどん廃れ、音楽家たちは食べるために音楽以外の仕事をせざるを得なくなったというところがこの話のスタートなのです。

紆余曲折の末、彼らはSachal Studiosを立ち上げ、この曲で話題になります。

伝統音楽の楽器で、彼らのジャズを演奏したのです。


Sachal Studios - Take Five

とととりはだーーーーーー。

で、ネタばれちゃうので、最後にひとつだけ、泣いてしもたセリフを。

NYでの演奏の前に「俺たちの演奏を聴いてもらって、パキスタン人がテロリストじゃなくて、音楽家だってことをわかってもらいたい」

同じイスラム教徒でも彼らもテロで苦しんでいるのにねぇ…。

 

senlis.co.jp

いい映画でした。鳥肌立ちます。

気が付くと、インドやパキスタンの映画ってなると、絶対観に行ってるな、わし。