My favorite only 好きなものだけ

アジアをあちこちうろうろしています。旅先で出会った好きなもの、好きな空間、コミュニケーションメソッドのSTRのことを書いています。

反応しない練習 草薙龍瞬

今、すごいインプット欲がふつふつ湧いてますのよ。

本やらブログ読みたいー。映画観たいー。何か新しいものを取り込みたい欲。

本と映画が切れない今日、このごろ。

最近読んだ本のことを書こうと思たけど、そうだ、まずはこの本。

 

これは半年ぐらい前に読んだ草薙龍瞬さんの本。

この方、「中学中退」→「家出」→「学校、予備校行かずに独学で東大合格」→「シンクタンク勤務」→「インドで僧侶になる」で、今、仏教の智慧がいかに我々を暮やすくしてれるかを実践的に紹介してはります。

 

f:id:triptripping:20160908231719j:plain

この本いわく。

まずは自分の感情を自覚する。抑えてはいけないのね、自覚する。

「あ、あたし、怒ってるわー」とか

「あ、あたし、不安になってるわー」とか。

怒った結果、どなるとか、文句言うとかって、怒ってるって自覚する暇もなく次のアクションに進んでるのね。不安になった時もそう。不安になった結果、まだ起こってもないことや、不確定な妄想を思い起こしてさらなる不安に進む。これは過剰な反応なので、こういう反応を鎮めましょうと。

いったん、自覚して、「あたしは何に怒っているのか」「あたしは何に不安を感じているのか」を考える。ここは、正直に、自分の気持ちをのぞいて見る。美化しない、かっこつけない、言い訳しない。正直に。この本のいいところは、ここから「あ、怒ることなかったね」とか「あ、不安に思うことなかったね」まで持っていくコツが書いてあるところ。それが仏教の智慧なのですよ。ほんとクール!なのですよ。禅ってこれを修行として実践してるんだなって思った。

調子良くいってる時って、誰でも知らないうちにこれやってる気がする。あたしはやってた気がする。でも、人間関係で、ぼっこぼこな状況になったことがあって、それから3年ほどできてなかったなぁと痛感。だって、正直に認めたらとてもみじめな自分やいいかっこしちゃってる自分を自覚したりしないといけないから、さらに落ちそうで。でも、だんだん、「みじめでもいいや」とか「不完全でも大丈夫」と思えるところまで戻って来た。はー長かった。

これは、決して自分が完璧だから大丈夫ってことじゃなく、完璧でないあたしでも泣いたり笑ったりしながら生きていけてるってことね。上手くいかないこともあるし、嫌われることもあるけど、それでも大丈夫。間違ったら、ごめんと言い、できないことは、できないと言い、うれしい時にはありがとうって言えれば、大丈夫と思える。そして、自分を取り巻く人やものやことに感謝だし、愛おしいし、みんながんばってるよなーって思える。ほんとに、みなさん、ありがとうございます。

この本は、そういうきっかけになった貴重な本。電書で買って読んで、本も買った。記念に。忘れないように。まだ忘れる時あるから。この本以降、この手の心の本やブログをいろいろ読んだけど、なんか結局、このあたりのことが書いてあるような気がする。

 

そいでねー禅寺で修行とかしたいんだよねー。なんかね、入浴は8分なんだって。そりゃ剃髪しないと髪洗ってトリートメントなんかできないよねー。剃髪すっかなぁ。もう、後回しにしてる時間ないし、行くかなー。あ、それで調べたら、ジョブズの影響か、曹洞宗のホームページが8か国語対応してたぜ。禅寺は外国人だらけかもしれないよねぇー。それもおもしろいかもなー。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村