読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My favorite only 好きなものだけ

アジアをあちこちうろうろしています。旅先で出会った好きなもの、好きな空間、コミュニケーションメソッドのSTRのことを書いています。

ともだち

ひとりごと

急なスケジュールの仕事が入ってきた。しかも台湾。以前に一度問い合わせした程度の会社しかあてがない。だめもとでその会社に連絡したら、やっぱり月曜日からスタートで対応できないと言われた…。まあ、そうだよねぇ。さらにだめもとで、台湾と日本に留学経験のある韓国人のはーちゃんに相談かなぁ。台湾の知り合いを紹介してもらおうかな。はーちゃんは、大阪で大学の先生で、おもしろい研究してて、いつも自分の研究に夢中で、しゃべりだしたら止まらない人。いつも忙しそうやし、迷惑かなあ…とびびりつつ、久しぶりに電話した。

はーちゃんとは、大阪にいた時でも年に3-4回、バンコク来てからは帰った時に1回しか会えてない。ふたりともばたばたばたばたしてるから。「たみちゃん、一緒に韓国行こうよー」と一時帰国の時に何度か誘ってくれたけど、いつもスケジュールが合わなかった。あたしが帰った時に声をかけるけど、彼女が大阪にいなかったり、忙しかったり。

ぎりぎりまでスケジュールが決まらないあたしに、「仕事優先しすぎ」「友達なくすで」と言う人もいた。そして言われると、軽くへこんでた。なんか、怒られてるのかなと…。だって、そういう仕事やし、仕事好きやし、そのおかげで生活もできてるし。確かに、あたしには頻繁に会う人っていないなぁ。移動多いし。友達ってもっと頻繁に会う人のこと?同年代でないと友達とはいわないのかな?だったら、あたしは友達いないじゃん…。つか、友達作れないのか?なくす以前の問題?

 

f:id:triptripping:20160110042919j:plain

 

あたしが好きなブロガーさんが、「友達や仲間はいないけど、好きな人ならたくさんいます」と言っていて、あー!それー!って思ったことがある。そして、好きな人たちには、会えたらいつもうれしいし、楽しい。だからといって連絡して、約束してとかするのも苦手で、ご縁があったら会えるよねーって思って、また会えますようにと別れ際に念じる。そして、その効果か、思わぬところで、思わぬ時に会えたりもしてる。あたしの大きな生きがいでもあるのよね、こういうあたしの好きな人たち。

で、久々に電話して、事情を話したら、なんと、「じゃあ、あたし、やろうか?」。

えーあなた、いつも、いつも忙しいじゃないのー。そんな時間あるの?「ちょうど大学が夏休みに入って、時間に余裕あるねん。ちょうど研究の取材に台湾行く予定もしてたから、現地の取材の通訳もしてあげるよ。台湾で会おうよ。」きゃあああ、まじ、うれしい!

ということで、今から、楽しみで楽しみで。

長生きして良かった。