読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My favorite only 好きなものだけ

アジアをあちこちうろうろしています。旅先で出会った好きなもの、好きな空間、コミュニケーションメソッドのSTRのことを書いています。

タイの応急処置

Thailand ひとりごと

今日は動物病院に行く予定してたけど日本語通訳さんお休みということで、明後日に変更で、まるまる予定なし!朝からYouTube先生とヨガ1時間半。すっきり。細々したい買い物にGo!

うちはバンコクの東の端っこです。スカイトレインも地下鉄もなく、サイアムパラゴンも、エンポリウムもおまへん。

f:id:triptripping:20161004202936j:image

昨夜の豪雨のためにでっかい水たまりが残ってた。豪雨からの道が川!は雨季のお約束。が、しかし!道いっぱいに広がる水たまりを回避するためのアスファルトの小道ができとるぅー。おそらくご近所さん作。タイスタイルやわー。

この道全体を何とかしようとしたら、費用もかかるし、じゃあ、ここの道の所有者にかけあう?もしかしたら行政?交渉大変やし、交渉している間に直接関係ない問題も思い出して怒りが大きくなり、問題も大きくなり…。に比べて、この解決法、素敵。

このアスファルトの道ができる前にも、レンガがふたつ水たまりの中に置いてあったことがあって、そのレンガの上を歩くと、靴が濡れなくて済むという画期的な解決がされていたこともありました。

タイに住んでから、いつも感心するのはこの応急処置の素晴らしさ。日本に留学経験のあるタイ人の友達が、「日本は何かする時、とても用意周到に実行するけど、タイは適当にやっちゃうから、日本だとありえないような問題が、タイにはいっぱいある」って言う。確かにそうれはそう。でもねぇ…。

「いやー、それはさぁ、日本は用意周到にしないと、問題が起こると、すんごい責められるだもの。トライアンドエラーでやってみようよ、なんてほぼないから、新しいことなんか、やる気しなくなるしさー。それに、ちょっとしたミスでも「けしからーん!」って怒られるから、つまんなことが大きな問題になる。タイだったら、「まいぺんらーい」で笑って終わることが、「笑いごとじゃないですっ」とかなるから、日本人が問題だと思ってることの数と、タイ人が問題だと思ってることの数を比べたら、日本人が問題だと思ってることの数のほうが多いと思うよー」

どっちがいいか、悪いはわかりません。あたしは、ぎゃー!まじかー!ってこともあるけど、助けられることもあって、すっかり甘やかされているので、プラスマイナスしてプラスだから、住んでるんだと思う。

それに、実際に困る前から、困るかもしれない心配するより、困るまで気が付かなくて、困ってしまってから応急処置して前に進んでいくほうが、一生の中で、不安になってる時間は少ないような気はします。

 

f:id:triptripping:20161004203229j:image

 で、関係ないけど、これ見て「あー、バンコクに帰ってきたー」ってしみじみしたw

f:id:triptripping:20161004203529j:image

 あ、ほいで、週末に、とうとうムエタイシくんに会えたw

なななにこれ?と思った方は「ムエタイシ」でぐぐっれください。

 

 

 

 

 

バンコク帰ってきた

国慶節パニックのイミグレを通過して、うちに帰って来て、トミーと対面して、疲れてはぁーっと横になったら寝てた…。

トミーのこと。あたしが飼ってることでこの子にも、周りの人にもご迷惑かけてしまうし、誰かに飼っていただこうかと動いてみたりもしましたが、やはりこれまで通り、なんとかやりくりしていこうと思います。ご相談したみなさん、ありがとうございました。お世話をかけ、ご迷惑かけながら、やっていきます。厄介なわたしですが、よろしくお願いします。

f:id:triptripping:20161001194725j:image

目が覚めて、あああ、明日着て行く服も靴もバッグもアクセサリーもない!と思ってザモールバンカピ。スクンビットまで行く気力がない…。乗り合いバスで10パーツ、30円。

f:id:triptripping:20161001194755j:image

ただいまタイはベジタリアン週間真っ最中。

f:id:triptripping:20161001195057j:image

だけどあたしは牛テールスープ…。バンカピに来たらこれっ。美味い…。60バーツ、180円。

 f:id:triptripping:20161001195139j:image

 ネイルもきれいにして、スタバで休憩。

ネイル300バーツ、900円。あーすっきりした。

野菜とパン買って帰るかな…。

禅タロット今日の一枚 SCHIZOPHRENIA

禅タロットっていうタロットカードがありまして、前に見ていただいたことがあり、占いっていういうより、その時の自分の状況を直視するのにとても良かったのです。

その時は、あることに対して自分が期待し過ぎていて、それがなくては完全じゃないと思っていると自覚できた…。でも、考えたら、あら?すでにあたしは大丈夫やん…。なーんや。てへ。みたいな気持ちになれたのです。

で、ふと、それを思い出し、その時に見てくれた人に、もっと詳しく教えていただこうと思って連絡してみたら、「ネットで買えるので、まずは買って、自分でやってみたら?」とアドバイスいただき、買ってみました。

とりあえず、適当に触りつつ、一枚引いてみたら、こんなん出た。

 

f:id:triptripping:20160926022849j:image

Schizophrenia (分裂症)

 

えー。なにこれ…。

解説読む。そして、自分を振り返る。

ああ…わかったかも…。

このカードの人は、手を離して足から落ちるか、足を離して頭から落ちるか、どちらにするかを悩んでおられる…。どちらかを選ぼうとする度に、選ばなかったほうが正解な気がしてくるために選べないというカードらしい。

ま・さ・に・今のわし…。

 これ、よく見たら、どっちにしても落ちるんやから、選択肢にあんまり、差はない…。どっちが正しいかなんてないのかも。

 「ジャンプしてみたら、ハートがドキドキして、どこにハートがあるかつかみ損なうことはないでしょうね」やて。

 

そっか。どっちを選ぶのが先々困らない、正しい選択かばっかり考えてたからぐるぐるするんやん。どうしたいんか、腹決めて、いけるところまでいってみよ。困ったことが起こったら、その問題を解決したらいい。まだ、問題は起こってない。

 なんとかなる気がしてきた。

手も足も同時に離して、飛んでみよか。

すっきりした。寝よ。

 

 

 

 

 

ソング オブ ラホール(Song of Lahore)

movie

映画を見ました。ソング オブ ラホール。

ラホールちゅうのは、パキスタンとインドの国境の町です。インド側はアムリットサル。国境では、こんな感じのセレモニーがあったりします。赤はインドで、黒がパキスタン。ってことで、国境のイメージしかなかった…。しかもインド側しか行ったことなかったし。

f:id:triptripping:20160921215753j:plain

パキスタン自体、インドともめてるイスラム教の国というイメージだった。この映画でラホールがもともとは映画や音楽の盛んな町だったと知りました。だけどラホールは軍のクーデター以降のイスラム化があったり、それが落ち着いた頃からタリバンやISの活動が始まったりで、音楽はどんどん廃れ、音楽家たちは食べるために音楽以外の仕事をせざるを得なくなったというところがこの話のスタートなのです。

紆余曲折の末、彼らはSachal Studiosを立ち上げ、この曲で話題になります。

伝統音楽の楽器で、彼らのジャズを演奏したのです。


Sachal Studios - Take Five

とととりはだーーーーーー。

で、ネタばれちゃうので、最後にひとつだけ、泣いてしもたセリフを。

NYでの演奏の前に「俺たちの演奏を聴いてもらって、パキスタン人がテロリストじゃなくて、音楽家だってことをわかってもらいたい」

同じイスラム教徒でも彼らもテロで苦しんでいるのにねぇ…。

 

senlis.co.jp

いい映画でした。鳥肌立ちます。

気が付くと、インドやパキスタンの映画ってなると、絶対観に行ってるな、わし。

 

農家民宿Banja (Farm stay Banja ) 京都京北町(Keihoku-cho Kyoto)

Japan Hotel/Hostel

先日の最終目的地、京北町はこちら!

f:id:triptripping:20160911213907j:plain

もうね、トトロの世界です。

梅雨時には水路の周りに蛍が飛びまくりですぜ。

f:id:triptripping:20160911213919j:plain

囲炉裏もあります。

f:id:triptripping:20160911213930j:plain

おくどさん(関西ではかまどのことをこう呼びます)もあります。

薪で調理したお料理が美味しいのですよー。

f:id:triptripping:20160911213935j:plain

ここが客間。宿泊するお客さま用のお部屋。

f:id:triptripping:20160911213141j:image

奥さまは陶芸家さんで作品が飾ってあります。

ねーーーー。いいでしょ?いいんですよー。ほんとにお勧め。

banjakyoto.wixsite.com

そいで、ここのご近所のお宅にも遊びに行きました。

築200年、14代目当主とか、そんな感じの古民家をお手入れしてお住まい。

f:id:triptripping:20160911213147j:image

「ししおどしを作ってみたよ」とご主人の善右衛門さん。

f:id:triptripping:20160911213152j:image

 善右衛門さんはご自身でお茶を栽培して、無発酵茶の緑茶、半発酵茶の烏龍茶、発酵茶の紅茶を手作りされており、茶芸で紅茶を振る舞ってくださいました。この写真は紅茶の前のシソのお茶。お茶って言ってもミントティーみたいな感じで、摘みたてのシソのハーブティー。これが、また、すごく香りが良くて、夏らしい。

この他にも、パンを焼いたり、落語会をしたり楽しそう。「まあ、こんなことしてね、一生懸命、遊んでますねん」と笑ってはりました。

京都地紅茶 ホーム - kyoutojikoutyas jimdo page!

 

Banjaのオーナーの田中さんは、お米や野菜も作ってはって、取れたての野菜やお米でお料理出したいなとか、おもしろいイベントしたいなとか、このBanjaを盛り上げることをいろいろ考えてはります。

 

大阪で生まれ育ち、父は大阪市内、母は京都市内出身で田舎のないあたしなので、ずっと田舎暮らしへのあこがれがあるのですけど、そのあこがれの田舎ど真ん中。また行きたい!

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

変わり目 2016

ひとりごと

朝ヨガからの朝モス@堺筋

読みかけの本を読む。ノートに自分の考えてることを箇条書きする。好きな曲聴く。

f:id:triptripping:20160911102525j:image

 

昔、バックパッカーやってました。インドと中国。移動する。ここいいやんって思ったらそこに留まる。そろそろ離れようと思ったら、次にどこに行くか、今いる地点にいる周りの人からの情報から決める。だから、次の次に行く先なんか決まってないことが多かった。だって次の場所に行かないと、次の次の目的地の情報ないんだもの。インターネットが出てきて、今どきのバックパッカーはそんなことないんだろうけど。

今、この歳になって、人生丸ごと、あの頃の旅の進め方してるなぁと思う。今回は、今やっていることを止めるってのを先に決めたから、さて、次はどうする?な時期でした、この夏。

性格として、「やったことないこと」がしたいあたしなので、そっち方面に考えがいきがちだったのだけど、久しぶりに以前やってた仕事をやらせてもらったら、頭も身体も自然に動いた。ここ5年ほどやっていたチャレンジ要素が高い新しい分野に比べて、気持ちも落ち着いて取り組めてた。ここ5年ほど新しい分野を慣れた分野にしていく楽しさはあったけど、ちょっとたて込むと、仕事だけで全エネルギーを使い果たしてた。精一杯やる快感があったし、向上もしたけど、まだやるか?

いやいやいや、それ嫌やわ。やりたいこと他にもいっぱいあるのに。もう、これ以上、先延ばしにするほど余命長くないし、うちの両親の余命はさらに短いだろうし。ということで海外でやってる新しい分野で難易度が高いのはもうやらない。余裕を持ってできるものだけ。今までやってた日本の仕事を復活させる。幸いお仕事のオファーはいただいている。ありがたい、ほんまに、ありがたい。

こんな具合に、またひとつ変わり目を越えます。つっても、移動先に日本が加わるくらいな感じに考えてますが。50歳になってこんな変わり目を迎えるなんて、バンコク移住した時には考えてなかったわぁ。さぁ、次どうする?ってところまで来ないと、先のことの決められないし、約束もできません…。すいません…。我がまま!と思う方は、無視で。放置で。説教されても、治らないから 笑。

 

ちなみに今、新しくやりたいことは…

日系中小企業向け海外進出のためのマッチングや調査的なこと。今、ほとんどが予算のある大企業がエンドクライアントの案件だから、中小企業向けにやりたい。うちの父が小さい工場をしていたので、そういう人たちと何かしたいから。

お友達が主催しているコミュニケーションメソッドのお勉強。ずっとやりたかった。もう、先延ばしにしたくない。

禅、ヨガ、メディテーション。あ、アーユルヴェーダも。これも、今までしばしば助けられたので、体系的に勉強したいし、実践したい。

畑仕事。貸し農園のことは調べた。見学に行きたい〜。日本でも海外でも、どこに住んでも野菜が自分で作れたら生活がかなり楽しくなる気がするから。

釣り。これまでもたまにはやってたけど。自分の食べる魚を自分で釣りたいから。

 

基本的にはフットワーク軽くありたいので、借りられるものは借りものですます。持つなら、持ち運びできるもの。使わないものは使う人にお譲りし、できるだけ少ないものと暮らす。やりたいこと以外にも、行きたいところもいっぱいあるし…。20年で足りかるなぁ…。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

高山寺 Kozan-ji Temple (京都 Kyoto Japan)

Temple Japan

京都市右京区京北町のお友達のところに遊びに行きました。京都駅から周山行きのバスに乗って終点まで。でも、周山の手前の栂ノ尾まで行くバスが先に来たのでそれに乗ってみる。京都駅で30分待つより栂ノ尾で待とうと思い。

予想通り、栂ノ尾はすでに山の中ーーー。気持ちいいーー。

f:id:triptripping:20160910142828j:image

しかも、バス停の前にはきれいな渓流が流れておりました。「入るしかなかろう」ということで、待ってる間、川で遊ぶ。小さい魚がいっぱい泳いでて、ここだけでもおにぎり持ってきたら1日遊べるっ。

f:id:triptripping:20160910144124j:plain

f:id:triptripping:20160910142845j:image

さて、そろそろバスが来るかと停留所に戻ってみたら、バスが来る時間が過ぎている…。あれ…。しかも次のバスが1時間半後…。あれあれ…。

まあ、いいか。まいぺんらーい。

ということで、バス停に書いてある「世界遺産 高山寺」ってのに行ってみようかと。

こここここ、すごいええですやーん。

f:id:triptripping:20160910142914j:image

f:id:triptripping:20160910142945j:image

f:id:triptripping:20160910143005j:image

 静かで、ほとんど人がおらず、そこここに苔。苔好きー。落ち着く。

一緒に行った友達が、「寝っ転がってみよ」というのでお庭の一角の地べたにごろん。あたしも、ごろん。じわーっと背中と後頭部から余計なものが出ていく感じ。地面からのパワーってあるわー。

f:id:triptripping:20160910142929j:plain

ここのお寺には小さいな茶畑もあり、ここが日本最古らしい。

ほんと、すごいいいお寺なので京都まで来られたら少し足を延ばして、そしてその先にある京北町にもー。京北町のことは次の記事で。

 

高山寺 Kozan-ji Temple ◆

世界遺産 栂尾山 高山寺 公式ホームページ

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村